Life is an Adventure!

今よりも、ちょっといい自分を目指したい。シンプルでおしゃれで、良質な毎日を送るための実践記録です。

ビジョンマップを作ってみた

 

先週末、読んだ本の中にあった「ビジョンマップ」を作ろうと思い立った。

 

ビジョンマップとは何? といいますと、

雑誌などから自分がいいなと思ったもの、ピンときたもの(文字でも写真でも)を切り抜いて、1枚の紙に自由に貼っていくもの。

なりたい自分の姿や、自分が大切にしていることが紙の上に現れるので、「願望発見器」とも言われるとかなんとか・・・。

 

さらにさらに、作ったビジョンボードを目につく場所に貼っておき、日々見ることによって、夢や願望が叶うという効果もあるそうです!

なぜかというと、なりたい自分のイメージを視覚的に捉えることで、脳が願望を現実のものと錯覚して、夢がかなった状態を実現できるように自然と行動できるようになるから、だそうです。

 

さて、最近の私は、単調な日常生活に飽きてきて、何か今までと違ったことがしたい気持ちが強くなっていました。

一方で、今までと違ったこととはいっても、具体的に何がしたいのか、何を求めているのか見失っていました。

ちょうど古本屋に売ろうと思っていた雑誌も2冊あることだし、好きなものをひたすら切り貼りしていくのって楽しそう!と思い、作り始めたわけです。

 

ここでビジョンマップの作り方をさらっと紹介。

 

必要なもの

・紙(大きいもののほうがたくさん貼れて楽しい。A3以上あるといいそうです)

・気に入った雑誌(異なったジャンルのものが3冊以上あるといいそうです。雑誌じゃなくても、広告とか、ネット上の画像を印刷したものとかでもいいと思います)

・はさみ

・のり

 

手順

・雑誌を見て、なんとなくいいなと思ったもの、こうなりたいなと思うものなど、深く考えずに切り抜きます。

・気に入った単語やフレーズなんかも一緒に切り抜きましょう。

・紙に好きなだけ貼っていきます。ぶっつけ本番で貼ってもOKです。

 私はレイアウトもある程度こだわりたかったので、切り抜いたものをさらに取捨選択して、紙の上に試しに並べてから貼り付けました。

・お好みで手書きの絵や文字、装飾なんかも入れても素敵です。

 

そんな感じで完成した私のビジョンマップがこちらです。

 

f:id:lifeisanadventure:20170614210121j:plain

 

用紙がA3なのであまり詰め込めませんでしたが、見るだけで幸せな気分になれます。

 

人生を楽しみたいんだ!!という願望が現れまくってて、日々楽しんでいたいんだなということを再確認するとともに、最近楽しむことを少し忘れていたかもしれないと反省。

はからずも自分が好きなファッションの傾向が見えたり、新鮮でカラフルな野菜をおしゃれな食器にのせて食べたいという願望が見えてきたり(笑)、発見がありました。

ウェディングドレスのお姉さんの写真は若干浮いてる気がしないでもないけど、普段素直に向き合えない願望にも、ちゃんと向き合いたい気持ちもあって外せなかった。

 

ビジョンマップに現れたなりたい自分、叶うといいなぁ・・・

 

 

なんかまとまりがないまま無理矢理しめますが、

週末などのまとまった時間に、ビジョンマップを作るのおすすめです。

楽しいし、思った以上に発見があります!

大草直子の考えるおしゃれ(大草直子、講談社)を読んで考えたこと

”理屈やルールではなく、どうしてもあなたが偏愛してしまうものたち。実は、これが深く「あなた自身」を表していたりするのです。”

 

この本の趣旨は、自分に向き合い、「私らしさ」とは何かを考えた上で、体型別の具体的な着こなし方を学んで、自分らしいおしゃれをしましょう、というものです。

 

シンプルで、かっこよくて、なのに地味じゃないおしゃれ。

まだ20代の私にとっては、大草さんは大人なイメージで、まだそのファッションを取り入れるのは早いかな、という気がしていました。

しかしこの本は、大草さんの生き方や考え方に関する部分にもページが割かれていたので、読み物として楽しかったです。

 

そんな中で特に印象的だったのが記事冒頭の一文。

「私らしさ」を見つける手順として、過去・現在・未来を見つめること、3つの客観的な視点を持つことが「ステップ」に分けて書かれているのですが、

そのうち、現在の自分を見つめていくステップについて書かれた中にあったのが、その文です。

 

再掲しますね。

 

”理屈やルールではなく、どうしてもあなたが偏愛してしまうものたち。実は、これが深く「あなた自身」を表していたりするのです。”

 

大草さんは、自身を例として、ハートモチーフのネックレスを挙げています。

かっこいいファッションに一見合わないものだけれど、どうしても捨てられないものなんだそうです。

 

現在自分が好きなもの、それが私らしさである、というのは、なんとなく分かります。

しかし、この本を読む前の私にとって、「好きなもの」を探すとは、雑誌やネット、店頭から、いいなと思うものを探すというイメージがありました。

つまり、今手元にないものから好きなものを選び出すという考えだったのです。

手持ちのアイテムは、かぶらないように気を付けているし、そもそも好きだから買っているのでから、考えるまでもない、と思っていたのです。

 

なので、ハートモチーフのネックレスの例を見たとき、はっとしました。

自分の目指す路線には一見合わないけど、つい手に取ってしまうものが私にもあるんじゃないか?

そしてそれが「私らしさ」というものなんじゃないか?と。

 

私は、女性らしくて、華やかで、現代的で、仕事ができそうな雰囲気のファッションを目指しています(贅沢)。

これから年齢を重ねていくにあたっては、甘すぎない、ごちゃごちゃしていないよう心掛けていきたいと思っています。

 

それを踏まえた上で、「一見合わないけど、つい手に取ってしまうもの」、

それは「花」のモチーフだなと思いました。

 

花柄にもいろいろありますが、まず思いつくのは水彩のような優しい色・ふんわりした形のもの。

下着とかによくついてそうな繊細なレースや刺繍の花。

乙女心を刺激するアイテムです。

 

あと、学生時代に一時大流行した小花柄のロンパースとか。

西野カナのファッションが大流行した時代、今思えば小花柄はそれほど好きではなかったのだけど、ついほしくなって買ったのを覚えています。笑

小花柄は少女のようなかわいらしさが出る柄ですよね。

 

花柄は女性らしさ、華やかさは出るんですが、甘すぎになってしまう、ごちゃごちゃしてしまう典型的な柄だと思うのです。

現代的で、仕事ができそうな雰囲気とはマッチしにくい。

 

大草さんは、大好きなハートモチーフのネックレスを、小ぶりにして、チェーンも短くして取り入れているそうです。

今のファッションとけんかしないように甘さを調節しながら、好きなものを取り入れると、それが揺るがない「私らしさ」になる。

 

花柄だって、はっきりしたものを選べば大人っぽくもなるし、色数を減らせばごちゃごちゃしにくい。

小物使いのみに抑えればかなりシンプルにもできる。

目指すファッションに合うよう調節しながら、好きなものを取り入れていきたいと思いました。

4行日記のススメ

自分の気持ちを整理するには、日記がおすすめ!・・・とはいいますが、なかなか続かないもの。

この記事で紹介する「4行日記」は、社会人になってからめっきり日記を書かなくなった私が久しぶりに日記を書き続けられた方法です。

しかも、書くことで自己肯定感が上がり、気分が前向きになる効果がありました!

読んでみて、「これは使えそう」と思ったら、ぜひ取り入れてみてください♪

 

 

  • 何を書くの?
  • それぞれの項目の意味
    • 自分に関するもの
    • 周りに関するもの
  • 楽しんで日記を続けるために
    • 日記の名称を考えよう
    • 項目を楽しい記号にしよう
    • 項目をアレンジしよう
    • 毎日使っている手帳に書こう
  • おわりに

 

 

続きを読む

自分にとってベストな服を選ぶための4つのポイント

こんにちは、ジーナです。

 

「自分にとってベストな服」とは、どんな服だと思いますか?

いろいろ考えた結果、自分にとってベストな服の基準は、(縦軸と横軸を使って)4つあるな、という考えに行きつきました。

今回は、4つの基準について書いていこうと思います。

 

  • 1 二つの軸
    • 縦軸~Iとyouの視点~
    • 横軸~meとusの視点~
  • 2 4つのポイント
    • ポイント①~好き~
    • ポイント②~似合う~
    • ポイント③~なりたい~
    • ポイント④~ふさわしい~
  • 3 まとめ

 

 

続きを読む

「最高のクローゼット」とは?

こんにちは!ジーナです。

 

「最高のクローゼットを作る!」と題したカテゴリでは、

日々試行錯誤しながら日常のワードローブをブラッシュアップしていく中で、実行したことや思ったことを書いていきます。

具体的には、服の選び方、管理の仕方、手放し方などです。

  

私はあくまでこの道のプロではなく、資格なども持っているわけではないですが、

読んでいただいて、役立つところがあれば嬉しいです。

 

第1回は、「最高のクローゼット」とはどんなものなのかについて。

 

人によって定義は千差万別だと思いますが、私なりの定義などを書いていきます。

 

 

  • 1 「最高のクローゼット」とは?
  • 2 「最高のクローゼット」から得られるもの
    • 時間を有効活用できる
    • 常に今の自分に合った服を着られる
    • 片付けが楽しくなる
    • 自信がアップする
  • 3 「最高のクローゼット」を得るために
    • 何をすればいいの?
    • クローゼットの「中身」をつくる
    • クローゼットの「仕組み」をつくる
  • おわりに

 

続きを読む